仮審査って何?

キャッシング即日|今日中に借りれるキャッシング多数掲載!>>キャッシングの仮審査とは

仮審査って何?

キャッシングを申込む時には必ず審査があります。
急にお金が必要で、すぐに借りたい時、せっかくキャッシングを申込んでも審査に落ちてしまえばお金を借りることができません。
今の消費者金融の審査の時間は短くなっており、30分程度で結果が返ってくるようになりました。
しかし、手続きの時間も考えると、落ちてしまった時の時間のロスは意外と大きいです。

仮審査は、最低限の項目を入力するだけの、融資可能かどうかを簡単に知ることができるものです。
入力した直後に借入れできそうかどうかを知ることができます。
これをすることだけで、借入れできそうかどうかの目安になります。

ただし、ここで借入れできそうだという結果が返ってきたとしても、絶対に借りれるわけではありません。
あくまで目安ということになりますが、それでも審査に不安を感じているならば、一度仮審査を申込んでみて自分が申込みできそうな消費者金融を探してみることで、融資を受けることができる確率はあがります。

審査に落ちた時のデメリット

本審査があるのに、わざわざ仮審査を受けるのにはメリットがあるからです。

仮審査自体は時間もほとんどかからないので、無駄に審査に落ちそうな消費者金融を避けることで手続きの時間を短縮できます。

また、審査に落ちるということには大きなデメリットがあります。
消費者金融は、その人の返済能力をみるために、今までの割賦契約やキャッシングの履歴を確認します。
今までどこでキャッシングを利用してきて、返済はきちんと行っていたのか、今も返済中なのかも全て確認されます。
その時に、どこで申込んだかという履歴も知られてしまいます。
本審査を受けて落ちた場合には、その履歴も残ってしまうのです。

複数の消費者金融に融資を断られてしまうと、それを理由に他の消費者金融でも融資を断られてしまうようになります。

しかし、仮審査については最低限の個人情報しか入力しません。
個人を特定できないので、この履歴を消費者金融側が調べることはありません。
仮審査はノーリスクで融資可能かどうかを調べることができるのです。